イベント

ゲームマーケットお疲れ様でした

遅ればせながら11日はゲームマーケットに参戦してきたよ。
50セットくらい用意してたので「一個も売れなかったら持ち帰るのしんどいなぁ」とか思ってた朝。
家からの手搬入なので正直部数があれ以上増えたら無理感ある。
スペースまで来てくださった方々は本当にありがとうございます。

とりあえず結論だけ出しておくと思ったより頒布されてくれて、持ち帰りは苦ではなかった。助かった。
帰りに秋葉原寄ってステラのまほうミュージアムを見てから帰るという余裕を見せつけるプレイング。
しーが可愛い。本当に。
(漫画読むまで「しー」は「しぃ」なんだと思っていた。)

今回頒布した「PORTAS」は私が大学4年次の卒業演習で制作したもので、頒布したのはそこからちょこちょことサイズとかが変わったものになる。
頒布するにあたって、ポートカード以外の絵柄は素材を使わせて頂いたものだったので当時使用したサイトを巡っては利用規約を確認したのは懐かしい話。

尚、思ったより数が減ったとはいえ思っていたのは「10セットくらい出たら良いな」だったので完売したわけじゃない。ので言ってくれれば出せます。私のTwitterアカウントなりを知っている人は声かけてくれれば大丈夫だし、ゲームマーケット後にゲムマサイトのブログ?で気になってここまできた物好きさんがいれば下記メアドにでも送ってくれれば。
hszrmtr(@)gmail.com

尚、本ブログ上部メニュー「PORTAS」から、PORTASについては色々まとめていく。

ここからはほぼ当日の思い出的な話。雑記。
正直、ツイッターで3回くらいツイートしたのとゲムマサイトで記事書いただけの宣伝だったので、こんな無名サークルで忙しい思いをするとは思っていなかった。試遊スペース用意してない(結局当日は友人が一人来てくれたんだけど、そもそも一人での参加もありえた)のでルールの説明とかを全部スペースでしていたのが原因だとは思うけど。
学部の展示会(コウサ展)でこのゲームを人に紹介するという行為に慣れておいて良かった。
次回があれば事前に誰か呼んでおいての試遊スペースの確保はしておきたい所存。次回があれば。
説明しながらいくつかデザイン的な意味で変更したい部分も出てきたので、そういうのも含めて作り直したい感じはある。

一緒に来てくれた友人には「宣伝ちゃんとやってスペースの設営もしっかりやってたら完売したんじゃない?」とか言われたのでそういう意味ではもったいないことをしたなぁと思う。余裕が無かった、のだけどまあ言い訳に過ぎない。
次に出るイベントは多分RWBYオンリーなので、宣伝はともかくとしても、設営はしっかり準備しよう。多分宣伝はあんまりしない。宣伝は好きじゃないんだ……。

近日(多分1月末の卒業演習発表時)中には大学に行って卒業研究を見てくださった先生に一応の集大成としてこれを渡したら私の卒業演習がちゃんと終わる感じがする。そういえば卒業してから直後の4月の1回しか大学に行ってない気がする。学祭すら……。あれ、行ったんだっけ。覚えてない。まあいいか。

パッケージデザインを「格好良い」と何度か言われたのは嬉しかった。
クールな感じ、というのは目指していた(トランプのように、老若男女を問わないデザイン)ので安心。

途中、海外の方も何度か見かけて英語力の無さを再認識(来てくれた方はみんな日本語で意思疎通のできる方々だったけれど)。痛感するね。
その中である方が翻訳を業務にしている企業の方らしく、連絡先を聞かれたので渡した(不用心とも言う)けれど果たして。まだ連絡は無い。何かあったらまた話すよ。多分色々な所に声かけてたと思うので来るとしても結構後だと思うけど。
とはいえルールの説明以外に言葉を使わないので、外国でもいけることは制作時に考えていたことなので、外国の方にも面白そうだと思ってもらえたならとても良かった。

ちなみに当日私は、途中トイレに行った以外一切スペースから離れずにいたのだけど、友人にお遣いを頼んだのでDomina gamesさんのNight clanとLatriaを入手。衝動的にPlarayaスリープも買ってきてもらった。また友人と集まる時にやるぞ。

また、実は動画も作っていた(記事冒頭)。
これを当日はずーっとスペースで流していたのだけどこれは良策だったように思う。動画自体はへたくそな撮影だしへたくそな編集なのだけど、歩いている人が「何だこれ?」と思うきっかけにはなったのでは。結構見てくれていたし。
惜しむらくはイベントは17時までやっているのに14時半くらいにバッテリー切れでご臨終されたことか。もともともたないとは思っていたけど結構早い。やっぱり動画は消費も大きい。
予備バッテリーにせよタブレットとかで流すにせよそういう対策はしても良かったかも。試遊用意できないサークルさんは是非やってみてはいかがか。効果あるよ、多分。

そしてお知らせ。
当日来てくれた友人に最近「ホラーゲーム作ろう!」って言い出してみたら乗ってくれて、それ以来地味~~~~~に少しずつ進めてたのだけど、そのプログラムの練習用にってんでPORTASをアプリケーションにしようという話になっています。
実現はまだ可能性段階だけど割とやる気なので近々何かしらの形でお話しできるかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中