価値観

9. 〇〇の若者離れ

車離れ、タバコ離れ、活字離れ、等々。
特に車離れは私の生活の中では頻繁に目にするし、その都度「若者」は「だったら給料出せ!」と憤っている。恒例の儀式か。

さて、題にした「〇〇の若者離れ」は誤字ではない。
少しそんなことを思ったのだ。
私はまだどうにか若者の部類に入る(気がしている)が、まあそうでなくとも、別に若者が離れているわけでもなくないか、と。

例えば私は一人暮らしをして、給料に余裕があったからと言って車を買うかと言われればおそらくない。住む場所にもよるだろうけれど。
タバコも無いし、酒も今から大差無いだろう(年に両手で数えられる回数程度しか飲まない)。たとえNHKが受信料システムをなくしてもテレビを買わないだろう(でもQさまは観たい)し、とか思っている。
果たしてこれは「若者の〇〇離れ」か。いや、それも一因ではあるだろうけれど。

しかしこれを逆向きに捉えることもできるはずだ。
そう、「〇〇が、若者から離れている」。
タバコや酒は置いておこう。これは教育の成果だ。
私たちの世代は「酒、たばこ、ドラッグ」と並べて危険の象徴として教えられてきたわけだから、逆らおうと思った人間もいれば私のような人間もいる。素直なのだ。

だがそうでなくても時代は変わった。昔がどうだったのかなど知らないが、例えば活字離れはどうか。
現代、確かに新聞は読まれなくなっただろし、書籍も随分読む人が減ったのかもしれない。が、ライトノベルはどうか。
「活字離れ」する前の若者に対して今の若者の読書量はそこまで明確に違うものか。今や電子書籍も普及しつつある。単純に発行部数では数えられないし、比較は難しくなったけど。

と、言ったが言いたいことはその「明確な違い」の話ではない。
ライトノベルがそうではない書籍と違い今若者に支持を受け続けているのは若者に対するアプローチを仕掛けているから(そしてそれが成功しているから)だ。

良い例を挙げてみるなら献血がある。献血とは自分の血を抜かれるために時間を消費するという一見訳が分からないシステムである。
これだけ見ればよほど暇を持て余した善人がやるくらいのものだろう。
そこにまあ軽食とかを付けて人を呼ぶ。
……となればまあ、「〇型の血液が足りてない」にもなる。
そんな中で献血に行列ができる場がある。コミケだ。あれはオタクが集まる空間でオタクを対象にしたアプローチを仕掛けているからだ。おまけに人気アニメのポスターを付けているらしい(私はやったことが無い)。

車離れにしてもそうだ。
「金が無いから」と言われるがその内「今の若者への待遇の悪さ」への怒りがどれだけを占めているかと。
いざ金を渡された時に車を買う人物がどれだけいるのか。そもそも「若者が買いたくなる何か」を持ち合わせていないだけなのではないか。
それは車が変わったのかもしれないし、時代が変わって価値観が変わったからなのかもしれない。

結局何故「若者の〇〇離れ」と言われるのかといえば、どこの業界にせよ「うちの業界は人か集まって当たり前」だと思っているところに原因があるのだと思う。テレビなんて正にそうだ。当たり前のようにデマを流し、当たり前のように捏造してそれをケアレスミスと言ってのけたりと体制が腐敗しているにもかかわらず……というテレビdisは置いておいて、そんな体制がこのネット社会簡単に広がってしまう。
ネットはまだまだ若者の方が多い場になっているが、その若者の目につくところで悪評がバシバシ広がってしまえばそれはもう好感度ダダ下がりだ。
テレビに限らず、一度は大勢の支持を得た業界ほどそうだろう。以前に大塚家具のお家騒動などというつまらない騒動があったが、あれこそ「一度やった成功体験にしがみついて自分のやり方に疑問を挟むことのできない人格」の典型例である。

別に、若者は意図して特定の業界から離れているわけではない。それは当然だ。個人で価値観は異なるのだから、個人が持ったちょっとした反発や不満は若者の総意にはならない。
しかしそれでも若者の〇〇離れと言われるほどに変化があるのなら、それは若者が離れているよりもその〇〇が今の若者にそぐわないことばかりやっている可能性もある。

真にどういう現象から若者と〇〇が離れているのかは業界ごとにもそれぞれだろうが、若者が離れているのかどうか、ちょっと考える余裕くらいは持っておきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中